スポンサードリンク

2014年02月05日

社会保険未加入・社会保険逃れ小細工!ハローワークと求人情報誌を使い分け

ハローワークと社会保険加入逃れ企業!ハロワ求人と求人情報誌を使い分け!

厚生労働省・ハローワーク職員の適当な仕事ぶり!いい加減な求人情報掲載

ハローワーク職員の言い分と全く役に立たない職業相談!壁に話すよりマシ?より続く


3つの不審点のうちの3つめです。


求人掲載企業の社会保険逃れのためとしか考えられないハローワーク求人情報と一般求人情報誌の使い分け


勤務時間が1日8時間あり、さらに、勤務期間が1月4日、若しくは1月7日から3月15日であれば、2ヶ月を超える雇用となりますので、社会保険に加入しなければなりません。


株式会社もしもしホットラインの求人情報は、タウンワーク・ジョブセンスで、勤務期間が1月4日or1月7日〜3月15日までとなっています。


ハローワークの求人情報では、勤務期間が平成25年1月4日〜平成25年2月28日となっており、わざわざ2ヶ月以内で区切っています。


全体で3か月にも満たない勤務期間を、何のために途中で契約を区切って契約更新する形にするのでしょう?

(−−)・・・


仮に、株式会社もしもしホットラインのハローワーク求人情報を、タウンワーク・ジョブセンスの求人情報と同じように表示すると社会保険加入は免れませんね。


参考

試用期間3ヶ月間は社会保険未加入のアパレル販売員!労働・雇用条件


勤務期間を区切る目的は、ハローワーク求人情報と求人情報誌を巧みに使い分け、社会保険逃れのための小細工をしている・・・ということ以外に思いつきません。

o(□ ̄;)ズ・・・ズルイ


株式会社もしもしホットラインが、厚生労働省・日本年金機構・ハローワークを欺いているのでしょうか?


この問題は、株式会社もしもしホットラインの問題・・・そんな単純な問題なのでしょうか?

チャウ((-д- ≡ -д-))チャウ


厚生労働省と日本年金機構の官民癒着疑惑!事と次第により社会保険未加入OKへ続く


スポンサードリンク
posted by ニュース 社会問題 就職活動を語る!愚痴る!
Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保障制度 社会保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天仕事紹介
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。